リニアは誰に取って得なのか本当に必要なのか

リニア完成まで後10年と言っている中で、ここまでの軌跡も決して容易なものでもなく、リニアが通る地元の人たちにとれば、迷惑極まることばかりです。抽選で試乗もできるという企画もしてリニアへの認知度をあげようとしてもいますが、速いけれど高い、ではそこまで速さを求めて誰が利用するのでしょうか。時間をお金で買うといったところでしょうか。そのためにそれだけ自然を破壊しているかも考えているのでしょうか。そんな中での談合。正直、驚きはせずにやはりなと思ったニュースではあります。それだけに今更なんなのかと思ってしまいますし、それにより納期はどれだけ延びてしまうのか、延びることで何にどれだけの被害等がかかるのか、それを検討して欲しく思います。その責任を談合した企業に取って欲しく思います。大手企業しかできない工事の中で中小企業はどう生き残っていけるのでしょうか。政府だけでなく皆が大手なら安心という思いでお金で解決しようとするのではなく、中小企業を生き残させる方法として、このような大きな工事には関われるようにできないのでしょうか。いつも出てくる談合。また社長や取締役の退任や減給で事をおさめるのでしょうか。そのようなことのないよう、同じ事をいい加減繰り返さないように、これからをどうするか考えていって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です